3/07/2017

[Unity]Soundのライセンス問題やFontの使用について


フォントや音を扱うために知っておいたほうがいいこと

咳が出るタイプの花粉症になってしまった。
それはさておき。

ゲームを作るとき、サウンドを使いますよね。
その時に取り込むデータがmp3形式だと1ゲームにつき販売数5000を超えるとライセンス料金がかかるとか。
しかし、そのサイトもサーバーから消えているし、実際どうなったのかわからない。
調べて見たら以下の記事の下の方に2017年1月30日の追記があった。
MP3のライセンス問題はその後どうなったのか

2017年3月7日時点では「低サンプリング・レートでデジタル化されたオーディオ信号を符号化する方法」というものについては権利満了になっている。

しかし、それでどうなったかというと特に情報がないので、今のところ
個人開発の場合は

  • Ogg Vorbis
  • AAC

を使うのが無難なのかな。
上記の形式は私が使っているStudioOne3でも対応しているので問題なかった。

ではFontはというと。

印刷物やWebの時からフォントは権利が厳しくて商用利用NGも多かった。
商用利用OKでも再配布は禁止されているものも多い。
ゲーム制作の場合、自分でやり始めて初めて知ったけれど、Unityでゲームを作るとデフォルトではArialしか入っていなかった。
UIでボタンやテキストを扱う際、フォントを登録しなければならない。
商用利用0Kで画像化するのならいいけれど、テキストとして使う場合はフォントデータも同梱しないといけないのだ。
どうやらこれが再配布にあたるらしい。

個人でまだ勉強中の身としてはなるべくお金をかけたくない。
というわけで調べたらゲームに使っていいよ! というフォントが結構あることがわかった。
以下の2サイトでとてもいいフォントがたくさん見つかった!
こういう情報をずっと前からシェアしているみなさまには頭が下がるのです。

ゲームに使えるフォント

DESIGN GRAPHIC DEVELOPMENT INPUT home Home » folder DEVELOPMENT » Unityにもつかえる!アプリに使える商用利用可能・再配布可能なフォントまとめ

なお、私のPCではなぜか梅明朝を解凍する時にエラーでまくっているので違うフォントをダウンロードした。
あんまりたくさん使うとゲームが重たくなるし、デザイン的にもごちゃごちゃしちゃうので厳選して使うのがいいね。

それにしてもふい字は以前Webディレクターしていた時もお世話になったけれど、ゲームに使っていいのはうれしい。
他にもデザイナーやってた頃に使っていた欧文フォントもゲームに使えるとわかってうれしいし懐かしくなったよ。

さて、自分のUnity進捗はというと、まだ本を見たりサイトを見たりしないと進まないけど、キャラクターを動かすところまではなんとか。
レベルデザインやデータのセーブ方法、ユーザー設定画面とか広告設置などなど山ほど課題があるわ。デバッグも個人でどこまでできるか。。。

会社に所属していた時はWebサイトやちょっとしたブラウザゲームも関わったので、外部の会社にデバッグ依頼して相当数の機種で確認できたけどね。。。社内にもたくさんあったし。。。個人の場合、どこまでやってるんですかね。

エターナってしまわないように頑張ろう。

0 コメント:

コメントを投稿