1/31/2017

Learning Unity Day4 CatEscape作った

Xcodeのことも勉強しなければ

昨日は第5章のPrefabと当たり判定について勉強。

初日のUnityちゃんのときにPrefabは出てきていたのだけどなんだかよくわかっていなかったのでここでおさらい。

一度しか出て来ないオブジェクトならそのまま配置でいいのだけど、ゲームでよくある落下物を避けるとか同じような敵が大量に出てくるようなときに使うそう。

ゲームの作成自体は手順に従ってゆっくり進めたらほぼ問題なくできた。
でもキャラクターを左右に動かすボタンの大きさと位置がちょっとよくなかったかも。
まあ今度こそiPhoneにて実機テストをやってみよう。

ビルドしてみるとなんかエラーっぽいものが。
Fixできるものはできたみたいだけど、直らないものがいくつかある。
でも気にせず自分のiPhoneをMacにつないでXcodeでプロジェクトを開く。
うん、やっぱりエラーが出てFailedって出てしまう。


昨日は夜遅くなったのでここで中断。

一晩寝て気を取り直してXcodeに向かうことにしたよ。

ここでつまづくとこの先困るから調べまくった。
「Bundle Identifier has not been set up correctory 」
の意味がわからない(・ε・`)

Bundle Identifier
「com.YourCompanyName.YourProductName」
これを適切にしなければならない。 自分のアカウント設定見直したり、AppleID削除して作り直したりいろいろやって悩んで悩んで以下の記事にたどりついた!

UnityのBundle Identifierには何を入力するのが妥当なの?-器用貧乏研究所
Unityではじめてビルドして「Bundle Identifier has not been set up correctory 」と表示されてもにょもにょしてる人向けの記事です

とのこと。私にぴったりだ。

任意の文字を入力することになるので、最終的には自分で考えるしかないのですが、「com.開発者名.アプリ名」というのが妥当な答えかと思います
開発者名のところは普通は企業名をアルファベット表記するのでしょうけど、個人なので開発者としての名前を記入すれば問題はないでしょう。
自分は自分で決めたブランド名を入力しましたが、リリースする際に本名との相違を指摘されたりはしませんでした。
「com.YourCompanyName.YourProductName」の誰が作ったものかわかり、一連の文字列が世の中のアプリと区別できるモノであることが重要みたいです。

なので、自分の設定した名前とアプリ名CatEscapeをいれてクリック。




Xcodeの方で「Unlock」って出たのでiPhoneのパスコードを解除すると
今度は「Could not launch」という画面が。

iPhoneの方で警告が出るのでいったんキャンセル。


「設定」→「一般」→「デバイス管理」を開く。
デベロッパAPPというところに自分のアカウントが出ているはずなのでそれを選んで「○○○を信頼」をタップ。


この画面になったら「信頼」をタップ。



アプリのアイコンがでましたぞ!
開くとゲームが始まります。ロードするまで真っ黒だったのでちょっと心配でしたが起動して安心。でも、縦画面でロックしていたのでこんな感じに。


これでも一応左右の下にボタンは出ているのだけど。。。
画面回転させるとちゃんとゲームができるようになっているよう。


実際にやってみると、Mac上と違ってボタンがほんとに左右の下につきすぎて小さくてなかなか反応しない。。。でも当たり判定も機能しているし、ゲーム自体はできたので良しとする!

なんかうれしい!
キャラクターがかわいいのもいいね!
Unity初めて触った日より進歩したような気になっている。

今日はここまで!

0 コメント:

コメントを投稿